歓藍社とは







 歓藍社とは、「大玉村で藍を育ててみよう」という呼びかけによって集まった、農業、建築、デザイン、服飾、工芸、生態学など様々な専門性を持ったメンバーからなる団体です。福島県大玉村内の休耕地で藍の栽培と染料づくり、藍染を行いながら、震災後の東北におけるものづくりと生活の創出を試みています。
私たちの試みは、今はまだないけれども、近い未来の大玉村に当たり前のように存在する、地域生活の風景を想像することです。これに呼応し大玉村内外から協働いただける方が段々と増え始めています。
詳しくはこちら

畑・藍づくり
畑・藍づくり
染め
染め
工作
工作
祭り
祭り
 「大玉村の小さな藍まつり」開催

「大玉村の小さな藍まつり」開催

日時 2017年7月16日(日) 8:30-17:00
7月17日(月)8:30-12:00
場所 彦ハウス
染めの体験やアーティストの公開制作を通じて、大玉村で育った藍から生み出される「色」の可能性を考える、小さなお祭りを開催します。ぜひご参加ください。
詳しくはこちら

更新情報